どんな食品に亜鉛が含まれている?

どんな食品に亜鉛が含まれている?

これだけ亜鉛の効果がスバラシイということになると、いったい何を食べれば亜鉛を摂取できるのか気になりますよね。
亜鉛を多く含む食品の中で、ダントツ1位は牡蠣です。
牡蠣?食べたことも無いという人もいるかもしれません。焼きガキとか牡蠣フライ、牡蠣鍋などで見かけるあの牡蠣です。
ちょっと現実的ではない食品というイメージですよね、そうなんです。牡蠣っていつでも見かけるものではありませんし、料理も限られているような気がして毎日は食べられそうもありません。
次に続くのが、牛肉やビーフジャーキー、豚肉のレバーなどの肉類です。
ビーフジャーキーっておつまみだよね?豚肉のレバー苦手!という声が聞こえて来そうですが、まさにその通りでこちらもあまり現実的な食品ではありません。牛肉については、たまには食べることもありますが、毎日牛肉を食べるような生活ですと、亜鉛は摂取できてもその他の病気が気になりますので、数日に1回もしくは少量摂取というのが一般的です。
それに続くのが、カニ缶やパルメザンチーズ、たいらぎ、卵黄というようなものになるのですが、この辺りになると含まれている量そのものも少ないので、メインで亜鉛を摂取するという考え方はちょっと違うような気もします。また、料理に常に使うような食品でもないので、こちらもあまり現実的ではありません。